SERVICE

病院感染防止の基礎知識2020年11月 改訂

※2018年改訂版より教材名が「院内感染防止の基礎知識」から「病院感染防止の基礎知識」に変更となりました。

病院感染の実態や感染の種類の知識を得たうえで、予防策や組織的な取組みについて学習することができます。

監修

岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター センター長 馬場 尚志

学習時間の目安

2~3時間

特徴

PC・タブレット両対応

  • 病院感染の実態や、感染の種類などの基礎知識から具体的な感染対策の基本までをまとめました。
  • 2部構成になっており、それぞれ1~2時間程度で学習できます。
  • 1項目を1画面にまとめ、図やイラストを用いて分かりやすく解説します。
  • 各章末に用意されている「確認テスト」を行うことで、理解を深める構成になっています。
  • 大学での教育や病院での研修教育用にお使いいただけます。

内容

<第1部>
第1章 病院感染とは
第2章 標準予防策‐基本の手洗い
第3章 標準予防策 -個人防護具、医療器具の取り扱い
第4章 咳エチケット、環境の整備、職業感染防止
修了テスト

<第2部>
第1章 感染経路別予防策とは
第2章 感染経路別予防策
第3章 組織的な取り組み
修了テスト

改訂内容

下記の通り節の入れ替えと解説の追加を行い、スマートフォン表示に対応しました。

  • 第1部 第2章「標準予防策‐基本の手洗い」
    節の構成を「手指衛生の方法とタイミングを説明してから、手洗いと手指消毒の具体的な手順を説明」という順序に変更しました。
  • 第1部 第3章「標準予防策‐個人防護具、医療機器の取り扱い」
    個人防護具の着脱の方法を解説する節(3-5、3-6)を追加しました。
  • 第1部 3-7「医療機器」
    消毒薬の分類の表を挿入するにあたり簡単な解説を追加しました。
  • 第2部 3-5「感染防止体制整備のための指針」
    抗菌薬適正使用支援加算の新設についての解説を追加しました。
  • 新しい事例(新聞記事)に、第1部に差し替え1件・新規2件、第2部に新規1件を追加しました。

参考画面

  • トップ画面

  • 学習画面 第1部

  • 学習画面 第2部

  • 新聞記事

  • 確認テスト