SERVICE

学内システムとの連携

WebClassは、学内の既存システムと柔軟な連携が可能です。
WebClassを学内の既存システムと連携することで、効率よく、システム管理者の負担の少ない運用が可能です。

SSO、認証サーバとの連携

Shibboleth、SAML、CAS、NIS、RADIUS、LDAP、ActiveDirectory、PKIなどのほとんどの認証方式に対応しています。ポータルサイトからのPOSTによるID、パスワードの受け渡しも可能です。認証サーバに登録されていないユーザはローカルユーザとしてWebClass内に登録できます。

教務システムとの連携

授業情報や担当教員情報、履修者情報を教務システムから取得して自動登録することができます。システム連携をする事で年間1万を超えるコースの管理も可能になります。さらに履修登録用のSOAP APIを利用すれば、より先進的なリアルタイムでの履修登録も実現できます。

ポータルシステムとの連携

ポータルとのSSO連携はもちろん、新しい教材があるかどうかをポータルに通知したり、WebClass上で履修者の増減があった場合にポータルに通知する事ができます。さらにWebClass側のメッセージ機能を使わずに、ポータルが持つメッセージ機能を呼び出すなど、利用者の立場に立った連携が可能です。

授業収録システムとの連携

国内主要メーカーの動画配信システムとの連携が可能です。システムによっては視聴履歴をWebClass側から確認する事も可能です。また授業配信システム側に独自の認証情報を送信するなどのカスタマイズにも対応しています。

手書きレポート読み取りシステムとの連携

富士ゼロックスの「授業支援ボックス」やシステム工房エムの「飛ぶノート出雲」との連携が可能です。手書きのレポートを効率的に電子データとして取り込む事ができます。