SERVICE

レポート採点にルーブリックを使いたい

ルーブリックとは学生の学習到達度を評価するための評価基準を表にしたものです。

レポート課題の採点に通常の採点(点数+コメント形式)ではなくルーブリックを使用することには以下のような利点があります。

  • 評価をつける基準があるため、先生が評価しやすい。
  • 学生がルーブリックを見ることで評価の理由がわかり、納得できる。

手順1-a: 採点ルーブリックを設定した通常レポートの課題を作成

  • 1. 教材設定画面を開く
    先生権限でコースに入った後、「教材を作成する」から「レポート」を選択
  • 2. レポート課題作成画面を開く
    タイトルなどを設定し、「テスト作成:問題編集」ボタンをクリックします。
    通常のレポート課題作成画面が開きます。
  • 3. 課題を作成
    「課題」ブロック内を編集し、課題を作成します。
  • 4. 採点用ルーブリックを開く
    「配点」ブロック内の「ルーブリックを編集」リンクをクリックします。
    採点用のルーブリックが別ウィンドウで開きます。
  • 5. ルーブリックを編集
    開いたルーブリックを編集します。
    ここで「採点結果にルーブリックを表示する」にチェックを入れると、学生が採点結果を確認する際にこのルーブリックを見ることができるようになります。
    「配点」の値がルーブリックに対応して変化します。
  • 6. ルーブリック編集の終了
    「保存」ボタンでルーブリックの編集を終了します。
    「配点」ブロックの合計点にルーブリックで設定した値が反映されていることを確認します。
  • 7. レポート課題作成を終了
    「変更を保存して終了」ボタンでレポート課題の作成を終了します。

手順1-b: 採点ルーブリックを設定した簡易レポートの課題を作成

  • 1. 簡易用のレポート課題作成画面を開く
    先生権限でコースに入った後、タイムラインの採点アイコンをクリックし、「教材の作成」から「レポート課題を作成」を選択します。
    簡易用のレポート課題作成画面が開きます。
  • 2. タイトルや課題内容などを設定
  • 3. 採点用のルーブリックを開く
    「ルーブリックを使用する」にチェックを入ます。
    採点用のルーブリックが出現します。
  • 4. レポート課題作成を終了
    ルーブリックを編集後、「新規作成」ボタンで保存して終了します。
    ここで「採点結果にルーブリックを表示する」にチェックを入れると、学生が採点結果を確認するときにこのルーブリックを見ることができるようになります。

手順2: 学生がレポートを提出

  • 1. 課題提出
    学生権限でコースに入った後、1.で作成したレポート課題を実行し、ファイルを提出します。
  • 2. 課題終了
    「終了」ボタンで終了します。

手順3-a: 「レポート/記述式問題の採点」から提出されたレポートをルーブリックで採点

  • 1. 「レポート/記述式問題の採点」画面を開く
    先生権限でコースに入った後、「成績」から「レポート/記述式問題の採点」を選びます。 レポート/記述式問題の採点画面が開きます。
  • 2. レポート課題を検索
    検索条件の「テスト名」から2.で実行したレポート名を選び、「回答を表示」ボタンをクリックします。
    検索条件に当てはまるレポートが一覧で表示されます。
  • 3. 採点画面を開く
    2.で実行した学生のレポートを見つけ「採点」ボタンをクリックします。
    1.で設定した採点ルーブリックが表示されます。
  • 4. ルーブリックで採点
    提出されたレポートに対する評価をルーブリックでチェックします。
    チェックに応じて「点数」欄の数字が変化します。
  • 5. 採点を終了
    必要に応じレポートへのコメントや添削ファイルなどを設定し、「保存」ボタンで採点を終了します。

手順3-b: 公開状況画面から提出されたレポートをルーブリックで採点

  • 1. 公開状況画面を開く
    先生権限でコースに入った後、教材一覧から作成した教材の「・・・」をクリックし「公開状況」を選択します。
    先生用の教材公開状況画面が開きます。
  • 2. 「レポート/記述式問題の採点」画面を開く
    「レポート/記述式問題の採点」リンクをクリックします。
    その教材の採点画面が開きます。
  • 3. レポート課題を検索
    「回答を表示」ボタンをクリックします。
    検索条件に当てはまるレポートが一覧で表示されます。
  • 4. 採点画面を開く
    2.で実行した学生のレポートを見つけ「採点」ボタンをクリックします。 1.で設定した採点ルーブリックが表示されます。
  • 5. ルーブリックで採点
    提出されたレポートに対する評価をルーブリックでチェックします。
    チェックに応じて「点数」欄の数字が変化します。
  • 5. 採点を終了
    必要に応じレポートへのコメントや添削ファイルなどを設定し、「保存」ボタンで採点を終了します。

手順4-a: 学生が「マイレポート」から採点結果を確認

  • 1. 「マイレポート」画面を開く
    学生権限でコースに入った後、「成績」から「マイレポート」を選びます。
    提出したレポートの一覧が表示され、3.で採点したレポート名の行にコメントと得点/配点が表示されます。
  • 2. 採点の詳細を見る
    さらに得点のリンクをクリックすると広い画面で採点結果が確認できます。 1-aや1-bで「採点結果にルーブリックを表示する」にチェックを入れていれば、採点に用いられたルーブリックを見ることができます。

手順4-b: 学生が教材画面から採点結果を確認

  • 1. 教材画面を開く
    学生権限でコースに入った後、教材一覧から作成した教材の「詳細」リンクをクリックします。
    学生用の教材画面が表示されます。
  • 2. 「結果履歴」を開く
    「結果履歴」タブを開きます。
    採点結果の一覧が表示されます。
  • 3. 採点の詳細を見る
    さらに日付のリンクをクリックすると詳細な採点結果が確認できます。
    1-aや1-bで「採点結果にルーブリックを表示する」にチェックを入れていれば、採点に用いられたルーブリックを見ることができます。