SERVICE

臨床トレーニングシリーズ ‐歯科衛生士編‐ 口腔筋機能療法(MFT)

口腔筋機能療法の学習教材です。(SCORM1.2準拠)

※対応ブラウザ:Internet ExplorerまたはEDGE

監修

東京医科歯科大学 教授 木下 淳博

学習時間の目安

4時間

対象者

歯科衛生士、歯科衛生士養成校の学生など。

学習到達目標

口腔筋機能療法(MFT)について理解し、各トレーニングをマスターして、実践的な指導方法を習得することを目標とします。

特徴

タブレット未対応

  • 口腔筋機能療法(MFT)は、矯正歯科分野だけではなく、口腔機能の育成やリハビリへの応用など多岐にわたって活用でき、歯科衛生士の可能性を広げます。
  • MFTの主なトレーニングについて、その指導を疑似体験しながら学べます。
  • 写真や動画が多く、指導者にマンツーマンで学んでいるように、各トレーニングの基本を習得できます。
  • トレーニングの流れに沿って、目的、使用道具、方法、指導や観察の要点などの設問に解答しながら、楽しく学べます。

教材タイトル(全22本)

1. MFTとは
2. ボタンプル
3. スポットポジション
4. フルフルスポット
5. ポスチャー
6. リップトレーサー
7. ポッピング
8. オープンアンドクローズ
9. タングドラッグ
10.バイト
11.バイトポップ
12.スラープスワロー(ストローあり)
13.スラープスワロー(ストローなし)
14.“カッ”スワロー(寝て)
15.“カッ”スワロー(起きて)
16.サッキング
17.サッキングスワロー
18.スワロー
19.トラップウォーター(ストロー)
20.トラップウォーター(スティック)
21.ドリンキング
22.ソフトフード

※1~22は、トレーニングを教える順番/トレーニングの難易度を示します。

参考画面